RIOの日記

アメリカに短期赴任中☆趣味は映画とドラマと食べ歩きの30代OLです。

ボストン旅行 4つの見どころ

ボストン旅行の基礎

ボストンはニューヨークよりさらに北に位置していて、早ければ10月に雪が降ることも。観光するなら4~9月がベスト☆

 

市内には駐車場や路上駐車用スペースも多いので自家用車・レンタカーで行っても困らないでしょう。ただ、一定の駐車料金がかかりますし市内の中心部は道が狭い上に歩行者や車が多く、特に旅行者には運転が難しいかも。

ボストンは他のアメリカの都市と同様Uberが発達していて、ボストンで観光で訪れるような場所なら5分も待たずに車が来ます。なので、私は飛行機でボストンまで行ったけど全然困りませんでした。

 

ちなみにボストン市内はタクシーも多く、実際利用してみましたが、やっぱりUberより全然高かった・・・よっぽどのことがなければ、Uberがオススメ!

駐車場代が1日30~50ドルかかると仮定すると、Uberで移動したほうが安上がりかも?!

 

それでは、ボストン観光をする上で欠かせない見どころを4つご紹介します♪

ボストン美術館

全米でも有数の規模の美術館。だけど、朝一で行けば一日でたいてい見ることができます。チケットを買うとその後10日間再入場可能なので、一日で全部見るとなかなか疲れるし、何日か滞在できる場合は2日間に分けて鑑賞しても良いと思います。

ボストン美術館で必ず見てほしい作品は、モネの「ラ・ジャポネーズ」ルノワールの「ブージヴァルのダンス」の2つ☆

f:id:nami11star:20170708010102j:image

f:id:nami11star:20170708010127j:image 

特に、モネの「ラ・ジャポネーズ」はその名からも分かるように日本の着物や歌舞伎など和の要素が散りばめられつつも洋の雰囲気も感じられる、とても魅力的な作品で、作品の前にはたくさんの人がいました。

実は絵のモデルはモネの奥さんだそう。すごくキレイな人ですね♪

 

フィラデルフィア美術館にも、日本風の橋と蓮とを描いたモネの絵が展示されていました。

f:id:nami11star:20170708010209j:image

モネはフランス生まれの印象派を代表する画家で、作品は知らずとも名前は聞いたことがあるという人も多いと思います。彼は晩年白内障という目の病気に苦しみながらも手術で乗り越え、生涯にわたり多くのすばらしい作品を生み出した画家だそうです。 

もっと知りたいモネ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいモネ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

 

ハーバード大学

世界一の大学 ハーバード大学

地下鉄の駅から徒歩2分くらいと、観光しやすい立地。

敷地内にはたくさんの建物が並び、残念ながら観光客は建物の中までは入れないけれどキャンパス内を散策することはできます。

f:id:nami11star:20170708010231j:image

観光客と学生の見分けは付かなかったけれど、20歳前後の若い子たちは白人・黒人だけでなくアジア系の子、インドやイスラム諸国の伝統衣装を着ている子がいて、本当に多国籍でグローバルな大学だなぁという印象。

f:id:nami11star:20170708010324j:image

 人だかりの中心には、学生と思しき子がなにやら聴衆に向けて訴えていて、こうやってアメリカの人たちはスピーチや話力を磨いているのかなぁ、なんて思いました。

 

ハーバード大学の駅の隣駅から徒歩2分くらいの場所に、日本人が経営しているラーメン店「Yume Wo Katare」があります。超こってり系のラーメンで女性にはややヘビーかもしれないですが、もやしもたくさん入っていて食べやすくオススメ!午後5時に行ったにもかかわらず行列が出来てました・・・

www.yumewokatare.com

このお店は、食べ終わった後にお客さんが自分の夢を簡単に他のお客さんに対して宣言をして、周りがそれを励ますという少し変わったスタイルのお店。もちろんシャイな人はパスすることもできるけど、人前で英語を話すいい機会かも☆

クインシーマーケット

クインシーマケットとは、主に飲食店が多く入るビル…というか建物。

f:id:nami11star:20170709224838j:image

地元ボストンの名物に限らず、ピザやアイス、ジュースなど色々買って食べられます。私たちはここで、ニューイングランドスタイルとマンハッタンスタイル2種類のクラムチャウダーをいただきました。どっちも6ドルくらいとお安めだったのに、貝の大きな身がたっぷり入っていてすっごく美味しかった!

私たちが立ち寄ったのはフードコートタイプのお店だったけど、レストランもたくさんあって、ゆっくりじっくり食べたい方はそちらもオススメ⭐︎

 

マーケットの付近ではストリートパフォーマンスも見れます。

ただ結構要注意で、もちろん正当なパフォーマーが多いけど、私たちがたまたま見かけたのは、確かにダンスやアクロバットのスキルは高いけど、見ている人からめちゃくちゃ貪欲におひねりをもらおうとしてて、そういう時に毅然とNOと言えない人は、後ろの方で見る方がいいと思います^^;

夜景

ボストンは海辺の街ということもあって、海×夜景が最高!

まずは、上で紹介したクインシーマーケットから歩いて10分弱のところにある夜景スポット。

ここはボストンの街の中心部ということもあって、海の景色もさることながら、夜の街並みも最高です。新しい建物も増えているんだけど、昔ながらの建物や教会なんかも織り混ざって、ボストン独特の風景が楽しめます。

↓こんな感じ。すごくキレイ!

f:id:nami11star:20170709224902j:image

f:id:nami11star:20170709224923j:image

 

そしてもう一箇所は、ワールドトレードセンターなどビジネス用の建物が多いシーポートエリア。私たちは実はこのエリアのホテルに泊まっていたんですが、空港に近く、市内よりも道が広く車も少なく静かで落ち着いた雰囲気なのでオススメ♪

ここから見える夜景もとてもキレイ!特に、空港に近いから離発着する飛行機が見えるけど何キロか離れてるから騒音の心配なし。

この辺りにはバーやレストランがたくさんあり、海辺で食事やお酒を楽しむのも最高です。昼間でも十分キレイ!

私たちが実際に行ってオススメなのは、Legal Haborsideというレストラン!ここは食事も最高に美味しかったし接客のレベルも高く、何と言っても眺望が最高でした。

Boston Seafood Restaurant - Legal Harborside | Legal Sea Foods

オススメはOysterと、ロブスターのRoll♪あとサングリアも美味しかった〜♪

f:id:nami11star:20170709230832j:image

f:id:nami11star:20170709230851j:image

日本から東海岸に旅行に来られた際は、ぜひ1日のツアーなど使ってボストンまで足を伸ばしてみてください^^